「埋没毛」ってなに?

ムダ毛を自分で処理している人に多い埋没毛というのは、皮膚の下に埋まってしまっている毛のことです。埋没毛はどのように出来るのでしょうか。カミソリを使っている場合、カミソリの刃は鋭利ですので、知らないうちに毛穴を傷つけたりふさいでしまったりすることがあります。カミソリでカットされた毛先もかなり鋭い角度になっているので、本来なら毛穴に向かって伸びるはずが、皮膚を突き破って違う伸びてしまいます。毛抜きを使っている場合は、強い力で毛を引っ張るので毛穴に無理がかかりがひどく傷ついてしまいます。膝などを怪我した時にも治る時にはミが盛り上がるのと同じで、傷ついた毛穴は傷が治る過程で毛穴が閉じてしまいます。すると、新しく伸びてきた毛が行き場を失うことになり、結果、皮膚の下に埋まったままになってしまうのです。他にも脱毛クリームや除毛クリームなどを使った場合も肌への負担が大きいので毛穴がふさがり、埋没毛の原因になることがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です