埋没毛でも脱毛できますか?

自分でムダ毛処理を長く続けてきた結果、体のあちこちに埋没毛が出来てしまい、埋没した毛をなんとかしようと、毛抜きで毛穴を無理やり開いて毛を抜いていたら、毛穴に細菌が入ってニキビみたいに赤く炎症を起こしてしまったり、毛穴が黒ずんできたり、色素が沈着してきたり、と、どんどん肌の状態が悪化してきて、どうしよう・・・。埋没毛自体は、それ以上いじらなければ放置していても問題ないです。自己処理をしばらくやめて、角質ケアのできるスクラブやボディクリームで肌を保湿することで、毛先が毛穴から出やすくなりますので、出てくるのを待ちましょう。その後にどうするか、ですが、それまでのような無理な自己処理は控えたほうがいいでしょう。埋没毛は、サロンに相談に来る人の多くが持つ共通の悩みの一つです。埋没毛の正しい処理の仕方を含め、ムダ毛のスペシャリストがそろっているサロンに相談してみるのも一つの方法だと思います。

「埋没毛」ってなに?

ムダ毛を自分で処理している人に多い埋没毛というのは、皮膚の下に埋まってしまっている毛のことです。埋没毛はどのように出来るのでしょうか。カミソリを使っている場合、カミソリの刃は鋭利ですので、知らないうちに毛穴を傷つけたりふさいでしまったりすることがあります。カミソリでカットされた毛先もかなり鋭い角度になっているので、本来なら毛穴に向かって伸びるはずが、皮膚を突き破って違う伸びてしまいます。毛抜きを使っている場合は、強い力で毛を引っ張るので毛穴に無理がかかりがひどく傷ついてしまいます。膝などを怪我した時にも治る時にはミが盛り上がるのと同じで、傷ついた毛穴は傷が治る過程で毛穴が閉じてしまいます。すると、新しく伸びてきた毛が行き場を失うことになり、結果、皮膚の下に埋まったままになってしまうのです。他にも脱毛クリームや除毛クリームなどを使った場合も肌への負担が大きいので毛穴がふさがり、埋没毛の原因になることがあります。